本文へジャンプ

学会紹介

学会紹介

平成28年4月1日 日本デジタル歯科学会は一般社団法人格を取得しました。

本法人は、会員相互並びに国内外の関連団体との交流を深め、国民に対して安全、良質な歯科医療を提供するためにデジタルソリューションの普及を図るとともに、それにより国民の健康増進及び福祉の向上に貢献することを会員共通の目的として、次の事業を行います。

  1. 学術大会の開催
  2. 学会誌の発行
  3. セミナー・シンポジウム等の開催
  4. 研究の奨励及び研究業績の表彰
  5. 国内外における関連団体との交流及び情報交換
  6. その他、本法人の目的を達成するために必要な事業

日本デジタル歯科学会は、平成22年3月28日、東京で設立総会・学術大会を開催して以来、年々会員数も増加し、平成28年6月現在、550名を超えています。

また、学会をサポートしていただいています賛助企業は40社を超え、ますます活気ある学会に発展しています。

本学会も設立当初は「日本歯科CAD/CAM学会」の名称でしたが、補綴装置の製作にかかわる「CAD/CAMテクノロジー」だけでなく、 近年急速に発展してきたデジタル歯科医療について広く見識を高め、議論できるフィールドとして、学会の名称を「日本デジタル歯科学会(Japan Academy of Digital Dentistry)」としました。

ページの先頭へ戻る